正しい遺言書の書き方を知って、「争族」を回避しましょう。

相続でもめないための、正しい遺言書の書き方

遺言書というと、何かとても大げさなものに感じる方が多いと思います。人が亡くなった後のことを指示するための書類なので、人の死というものを忌み事として見なしている私たち日本人はどうしても見てみぬふりをしたくなるものなのです。

一定以上の資産を持っている人は、自分が亡くなった後にその資産をどうしたいのかということを明確に意思表示しておかないと、遺族が身内同士で骨肉の争いを演じることもあります。故人にとって、これほど悲しいことはないでしょう。だからこそ遺言書というのはとても重要なのです。

遺言書というと、人が最後に記す辞世の句だと思っている人もいます。これはおそらく、「遺言書」と「遺書」と間違えているのではないかと思います。遺言書というのは、その人が亡くなった後の財産をどうしたいのかとい意思表示に使用されるもので、遺書というのはこれから死ぬことが分かっている人が、辞世の句を書き綴るためのものです。

遺産相続では資産を持ちながら亡くなった人の意思が最優先される仕組みになっています。そのため、どれだけ死語にこうしたいという意向があったとしても、それを遺言書という形にしていないと、全く反映されません。「生前よくこう言っていた」というのもダメです。

とかく「遺産争族」とも言われる相続をスムーズに進めるために、正しい遺言書の書き方を学びましょう。

相続でもめないための、正しい遺言書の書き方

遺言書について理解を深める

遺言書についての基本的な知識です。

遺言書のこんなときの対処法

遺言書における、あらゆる疑問にお答えします。

Copyright(C) 2011 - 相続でもめないための、正しい遺言書の書き方 - All Rights Reserved.